氷室冴子さん、逝去

多分、今年上半期のニュースの中で一番ショックなニュースでしょう・・・

 「なんて素敵にジャパネスク」など、若者向けシリーズの少女小説で活躍した作家の氷室冴子(ひむろ・さえこ、本名碓井小恵子=うすい・さえこ)さんが6日午前9時、肺がんのため死去した。51歳。北海道出身。葬儀・告別式は10日午前9時半から東京都新宿区龍善寺で。喪主は姉の木根利恵子(きね・りえこ)さん。
 大学生だった1977年、「さようならアルルカン」が青春小説新人賞に佳作入選してデビュー。漫画的なキャラクターとスピーディーに展開するストーリーが十代の少女たちの人気を集め、集英社のコバルト文庫から数々のベストセラーを送り出した。
 代表作に、学園コメディー「クララ白書」、平安時代を舞台にした「ざ・ちぇんじ!」
「海がきこえる」など。漫画化、アニメ化された作品も多い。エッセーに「冴子の東京物語」がある。
(サンスポ.comより)


氷室さんの作品は高校〜短大時代によく読んでいました。
当時のコバルト文庫は氷室さんをはじめ新井素子さんや藤本ひとみさんが
看板作家として名を馳せていました。
仲間内では氷室派やら新井派やら藤本派に分かれていました。
「なんて素敵にジャパネスク」は友人に薦められて読んでいたけど、
最近は新刊も発表されず(ティーンズものを読まなくなったというのもある)
どうしているのかなと思っていましたが・・・
まだ51歳で亡くなるとは早過ぎます。

また改めて「なんて素敵なジャパネスク」読み返してみたいなと思います。
謹んでご冥福をお祈りいたします。
0

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << December 2017 >>

    さすらいペット

    クリック募金

    ねこ時計

    My Twitter

    ブログで植樹しよう!

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode