スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    • 2015.04.17 Friday
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    J史上初の無観客試合

    3/1から開幕した今年のJリーグ。
    今季のJ1はガンバとヴィッセルがJ2から復帰、そしてプレーオフで勝ち抜けた
    徳島ヴォルティスが四国初のJ1昇格と楽しみな面も増えました。

    しかし開幕早々許されざる出来事が起きてしまいました。
    ご存知の通り3/8のレッズ×サガン戦で一部のレッズサポーターが人種差別に
    つながるような横断幕を掲げたことが大問題となり、昨日のホームでの
    エスパルス戦はJリーグ史上初の無観客試合という処分がJリーグから下されました。
    レッズサポーターといえば以前からいろいろとトラブルを起こしてその度に批判が
    起きていたけど、厳重注意や罰金で済んでいたんですよね。
    ただ今までの経緯を考えると無観客試合だけではなく勝ち点の剥奪も併せても
    良かったのではと思ったりしました。
    対戦相手のエスパルスにとっては巻き添えを喰らった格好となってしまったのは
    気の毒としか言いようがないけど…

    そして行われた試合は…通常なら試合開始前のサポーターの賑わいだけでなく、
    選手紹介や入場曲なし、更にはゴール時や選手交代のアナウンスも全くなかったそうです。
    当然選手への指示もまる聞こえになります…実際に試合に臨んでいた選手や監督も
    「練習試合のようだった」やら「観客のいないスタジアムは魂が抜けていた」と
    振り返っていました。
    ましてやレッズサポーターの熱気はJリーグナンバー1といわれているだけに
    この状況はやっぱり寂しいなとも思いました。
    勿論レッズサポーター全員があんな荒くれだとは思わないけど、一部サポーターの
    せいで純粋なサポーターにまで迷惑が掛かっているのも事実なんですよね…

    でも無観客試合はこれが最初で最後にしてほしいですよね。
    勿論レッズサポーターだけでなく他チームのサポーターも肝に銘じてほしいけど、
    スタジアムで盛り上がるのは大いに結構!しかし節度を守った応援を心掛けて
    もらいたいですね!
    0

      比較的楽…だけどやっぱり厳しいかも

      いよいよあと半年となったブラジルW杯。
      その1次リーグ組み合わせが決まりました。

      ★グループA - ブラジル、クロアチア、メキシコ、カメルーン

      ★グループB - スペイン、オランダ、チリ、オーストラリア

      ★グループC - コロンビア 、ギリシャ、コートジボワール、日本

      ★グループD - ウルグアイ、コスタリカ、イングランド、イタリア

      ★グループE - スイス、エクアドル、フランス、ホンジュラス

      ★グループF - アルゼンチン、ボスニア・ヘルツェコビナ、イラン、ナイジェリア

      ★グループG - ドイツ、ガーナ、ポルトガル、アメリカ

      ★グループH - ベルギー、アルジェリア、ロシア、韓国


      深夜にNHK総合で組み合わせ抽選の中継があったので観ていたんだけど、
      リアルタイムで抽選の様子を見るのは初めてでした。
      今大会は前回の決勝戦で対戦したスペインとオランダが同じグループに、
      グループDではウルグアイ・イングランド・イタリアの優勝経験国が集中しました。
      そして日本はコロンビア・コートジボアール・ギリシャ共々優勝未経験国ばかりの
      グループに入りましたが…比較的楽なグループだといわれているけど
      どこのグループも侮れないと思うんですよね。
      まあ本大会までの半年間、課題となっている点をしっかり克服して本大会で
      しっかり実力を発揮してもらいたいな、と。

      日本は6/14にコートジボアール、6/19にギリシャ、そして6/24にコロンビアと
      対戦します。(いずれも現地時間)
      まだ半年先の話だといわれてもピンとこないけど、その半年先ってすぐにやって
      くるんですよね…
      0

        J1昇格&J2優勝決定、そして…

        今日をもって今季のJ2全日程が終了しました。

        ご存知の通り11/10にガンバがJ1復帰、そして前節でJ2優勝を決めました。
        今季のガンバは序盤はちょっと苦戦したけど、7月に宇佐美んが復帰して以降は
        常に2位以内をキープしてJ1復帰に繋げました。
        それにしても宇佐美ん、復帰してから18試合で19得点とは…
        しかもJ2得点ランキング2位って凄過ぎ!!
        まあブンデスリーガでの2年間はあまり出場機会に恵まれなかったし、
        その鬱憤はある程度晴らせたかな…?
        長谷川監督にとってはJ1復帰&J2優勝が最上のノルマを達成したことになるけど
        来季のJ1では存分に暴れて頂きたいですね!

        そしてヴィッセルも2位でJ1復帰を決めました。
        今季はクニさんが腫瘍摘出手術のため試合に出場したのは終盤の数試合のみだったけど、
        11/3の松本戦では7-0で勝利するなど圧倒的な強さを誇っていました。
        来季は優勝争いしろとまでは言わないけど…残留争いには巻き込まれないでね(^^;)

        今季J2での試合をチェックしていて思ったのはJ2全体のレベルも大分上がったなと
        いうことです。
        来週末にはJ1昇格の残り1チームを決めるプレーオフが始まります。
        出場チームは京都サンガ(3位)、徳島ヴォルティス(4位)、ジェフ千葉(5位)、
        そしてV・ファーレン長崎(6位)の4チームなんだけど、徳島と長崎はそれまで
        J1昇格争いには名前を連ねていなかったのでこのプレーオフでどれだけ結果を
        残すのか見ものですね。
        個人的にはサンガに頑張ってほしいんだけどなぁ。
        ガンバとヴィッセルもJ1復帰を決めたしサンガが勝ち抜ければ関西のJチームすべてが
        来季のJ1に顔を揃えることになるしね。

        そしてJ1復帰を決めたチームが出ればJ2降格となったチームも出るワケで…
        J1が残り2試合となったけど、今季はトリニータ・ジュビロ・ベルマーレがJ2降格と
        なってしまいました。
        トリニータとベルマーレは揃って1年でJ2に逆戻りとなってしまったけど、
        まさかジュビロがJ2に降格だとは全く予想がつきませんでした。
        でもここ数年のチームの動きを見ていたら降格も止む無しという声もあったみたいですね。
        藤田・名波・福西・服部、そしてゴン中山といった代表クラスの選手を次々と放出した
        あたりから優勝争いに加わることがなくなっていたし…
        しかも近年は遼一がシーズン初ゴールを決めた相手チームがJ2降格してしまうという
        「デスゴール」のジンクスが有名になっていたけど、今季はその「デスゴールがブーメランに
        なって還ってくるのでは」などと言われたりしてナーバスになっていた面も影響したのではと
        思ったりします。
        (因みに遼一の今季初ゴールは4/6第5節のレッズ戦、チームは2-1で負けています)
        90年代後半から2000年代前半はアントラーズと一緒に黄金時代を築いていたのを
        見ていただけに今回の降格は正直言って驚いています。
        でも逆に言えば現在優勝争いをしているマリノスをはじめまだ降格を経験していない
        アントラーズ・エスパルス・グランパスにもいつか降格の危機に直面する可能性も
        あるんだということなんですよね。
        まあ長い間J2で燻るほど軟なチームではないし、1年でJ1に戻ってくるのを信じて
        待ちましょう!…とジュビロサポーターに声を掛けてあげたいですね。

        後はJ1の優勝争いとJ1昇格プレーオフの結果ですね!
        優勝はマリノスでほぼ間違いないでしょうね。
        アル友に何人かマリノスサポーターがいるけど、来季は手加減しまへんで〜!!
        0

          5大会連続W杯出場決定!!

          いや〜、一時はどうなるかと思ったけど…

          5大会連続W杯出場決定

          おめでとう!!


           日本が5大会連続5度目のW杯出場を決めた。日本(FIFAランク30位)は1-1で
          オーストラリア(同47位)と引き分けた。最終戦を待たずにB組2位以内が確定し、
          2014年W杯ブラジル大会の出場権を獲得した。ホームでのW杯切符獲得は初めて。
          これで日本は3大会連続の「世界最速予選突破」となった。

           試合は両チーム無得点のまま終盤に突入し、後半36分、オーストラリアに先制された。
          しかし終了間際、MF本田圭佑(26=CSKAモスクワ)がPKで同点ゴールを挙げ、引き分けに
          持ち込んだ。

           日本代表は11日のイラク戦(ドーハ)でW杯最終予選を終了し、15日開幕の
          コンフェデレーションズ杯(ブラジル)に出場する。W杯ブラジル大会は来年6月12日に開幕する。
          (nikkansports.comより)


          ホームで行われたオーストラリアとの一戦。
          勝つか引き分け以上でW杯出場が決まるという条件的には有利ではあったものの、
          先のアウェーでのヨルダン戦、先週のブルガリア戦で連敗しているだけに
          大丈夫なのかという不安もありました。
          前半は果敢にゴールを狙うも悉く枠の外やら相手GKの好守に阻まれたりと
          なかなかチャンスを活かせず…
          オーストラリアの攻撃も今ちゃんやドヤさんがしっかりディフェンスしていたし…

          そして後半、30分を過ぎてもなかなか選手交代のカードを切らず「どうするんだろう?」と
          思っていたら後半34分に遼一から勇蔵に代えてきたけど、もう少し交代が早くても
          良かったのでは…と思っていた矢先にオーストラリアに先制されました(--;)
          あ〜代表戦3連敗かいな…と思っていたらロスタイムにCKのチャンスを得たところで
          向こうのDFがハンドでPK!
          さあ蹴るのはヤットか?本田か?と思っていたら本田がゴール中央に蹴り込んで同点に!!
          結局そのまま1-1で試合終了、予選B組2位以内が確定したのでW杯出場を決めました拍手拍手拍手
          しかも前々大会のドイツ、前大会の南アに続いて世界最速で決めました!
          欲を言えば勝って本大会出場を決めてほしかったんだけど…まあ本大会までの1年で
          これまでに露呈した課題を克服してもらいたいですね。
          その後記念Tシャツに着替えたのは良いとしても…あのデザイン、どうしてもまりもっこりにしか
          見えないんだけど( ̄▽ ̄;)

          残るは1週間後のアウェーでのイラク戦のみとなりました。
          浮かれることなく最後は勝ちで締め括りましょう!
          0

            絶対に1年でJ1復帰や!

            3年ぶりの天皇杯決勝進出を果たしたガンバ。
            今回の対戦相手はレイソル、4年前と同じ顔合わせです。

            しかし…
            前半は結構いい感じで試合運びをしていたように思えるんだけど、
            前半8分のレアンドロのゴールがオフサイドの判定になってしまったのは
            痛かったなぁ。
            もしこれがゴールだったら試合の流れも大きく変わっていただろうね。
            それ以降はシュートを放てど放てど枠の外…
            試合が動いたのは前半35分、CKから渡部君のゴールでレイソルが先制、
            後半はレイソルペースのまま結局1-0の完封負け。・゜゜(>_<)゜゜・。
            J2降格のチームが天皇杯優勝、そしてACL出場という前例を作ってやろうと
            思っていたのに!!

            でも思い返してみれば今季のガンバは開幕前から「え?」の連続でした。
            西野さんを解任させてセホーンとかいうオッサンを監督に据えたけど、いざ采配を
            させてみると誰が見ても意味不明な采配の繰り返し、開幕前の練習試合でも
            一度も勝ったことがなく、開幕ダッシュも見事に失敗…
            しかも序盤のジュビロ戦では恐れていたことが起きてしまったし…
            「前田遼一の呪い」彼がシーズン初ゴールを決めた相手チームがそのシーズン後に
            J2降格といういジンクスがあったんだけど、そのジンクスが見事に今回も
            生きる結果=J2降格となってしまいました(T_T)
            その直後セホーン(とヘッドコーチだった呂比須も)が解任されて松波くんが
            今日まで監督を務めたけど…結果的にフロントの尻拭いをさせられた格好と
            なってしまいました。
            トップチームでのコーチ歴は2年間、まだ少し経験が足りなかった面もあったのは
            否めないけど、ここまでよく頑張ったなと思いますよ…
            ヴィッセルみたいに西野さんをすぐに解任したのとは大違い!

            その松波くんの後任には長谷川健太さんの監督就任が正式に決定しました。
            選手の方はヤットや今野くんや加地くんは残留が決まっているらしいですね。
            あと秋や藤春くんも残留の方向だけど…聡太や佐々木くんや家長の動向が
            どうなるのか分かりません。
            ただJ2に降格したことでどれだけ補強が進むのか心配なところだけど、
            J1指導歴のある監督が就任したし絶対に1年でJ1復帰しないとね!
            J2暮らしの長くなったヴェルディやジェフとは違うんです!というところを
            見せつけてやろうじゃありませんか!!
            0

              主審が試合を壊した

              ブラジルW杯アジア最終予選3戦目となるアウェイでのオーストラリア戦。
              まあそれにしても荒れに荒れた試合になりましたなぁ…

               サッカー日本代表は12日、ワールドカップ(W杯)・ブラジル大会アジア最終予選の第3戦、
              オーストラリア戦(ブリスベン)に臨み、1-1で引き分けた。日本は後半、栗原勇蔵が先制点を
              奪ったが、PKを決められて追いつかれた。この結果、日本は2勝1分けの勝ち点7とし、
              グループBの1位は変わらず。

               日本のスターティングメンバーには、香川真司、本田圭佑、長友佑都らが名を連ね、
              風邪気味のため、前日の練習を欠席した今野泰幸も先発メンバー入りした。
              ヨルダン戦で負傷離脱した吉田麻也の代役は栗原が務めた。

               序盤からオーストラリアが猛攻を仕掛け、日本は自陣にくぎ付けにされる。
              オーストラリアは徹底してゴール前にハイボールを送り、高さで勝負に出る。これに対し、
              日本はセンターバックの今野、栗原を中心に対応するも、あわや失点という危険な場面を
              迎える。それでもGK川島永嗣のファインセーブや栗原のゴールライン際でのクリアなどで、
              何とか無失点で耐えしのいだ。終盤にようやくリズムをつかんだ日本は前田遼一、内田篤人、
              香川らが際どいシュートを放つが、いずれもゴールならず。スコアレスのままハーフタイムを
              迎えた。

               後半に入ると日本のペースで進む。さらに、11分にはオーストラリアのミリガンが警告2枚で
              退場したため、日本は数的優位を得る。そして迎えた20分、ショートコーナーから本田が
              ドリブルで切り込み、グラウンダーのクロスを入れると、最後は栗原が押し込んで待望の
              先制点を挙げる。しかし、直後の25分にCKでの競り合いで内田がPKを献上。
              これをウィルクシャーが決めてオーストラリアがすかさず同点に追いつく。終盤はオープンな
              展開となり、ゴール前での攻防が多くなる。日本は清武弘嗣を送り込み、勝ち越しを狙ったが、
              あと一歩及ばず。終了間際には栗原が2枚目のイエローカードで退場となった。
              結局、スコアが動くことはなくタイムアップ。グループBの大一番は、勝ち点1ずつを分け合う
              結果となった。

               日本のW杯アジア最終予選の第4戦は9月11日、ホームでジーコ監督率いるイラクと対戦する。
              (Yahoo!JAPANより)


              今回の最終予選初のアウェイでの試合となった日本代表だけど…
              先のヨルダン戦で6-0と大勝してもアウェイでの試合となると立場は不利になるものです。
              今日は終始川島くんの出番が多かったけど、ヨルダン戦で負傷した麻也に代わって
              先発出場した勇蔵もよく守ってくれましたよ…
              前半はヤバい場面もあれば惜しい場面もあったりとやきもきしました。
              後半にオーストラリアに退場者が出た時は「しめた!!」とほくそ笑み、そして勇蔵が先制点を
              叩き出したまでは良かったんだけど…

              その直後のCKの競り合いでウッチーにイエローカードが出た時は「え?!」
              でもリプレイで見ても「何でファウルになるわけ?!」と唖然としましたよ!
              しかもそれだけじゃなく本田へのイエローも納得いなかったし、一番腹が立ったのは
              試合終了間際で日本がフリーキックを得て、さあ蹴るぞという前に試合終了のホイッスル…

              あれは「はぁ?!」と言うしかありませんでしたよ!
              それでなくてもイエローカードがバンバン出ていたのに試合に水を差すような
              有り得ないジャッジをするなんて…
              6年前のWBCで散々誤審をやらかして悪名を轟かせたボブ・デービットソンのサッカー版かよ!!

              まあでもアウェイで勝ち点1を得ただけでも良かったかと…
              次はホームでのイラク戦だけど、向こうはかつての日本代表監督だったジーコが指揮を
              執っているんですよね。
              まあその頃には麻也も戻っていると思うけど、ウッチーと勇蔵が出場停止なのが
              キツイなぁ( ̄▽ ̄;)
              というかあの主審、もう試合には出させないでくれ!!
              0

                幸先良いスタート!

                いよいよブラジルW杯アジア最終予選が始まりました。
                日本はホームでのオマーン戦が初戦になります。

                今日は文句なしの快勝でしたね!
                得点経過を確認しても前半12分の本田、後半6分の遼一、そして後半9分の岡崎くんと
                取るべき人が取っていたのが分かります。
                立ち上がりからしていい感じだったけど、オマーンも結構粘り強く守っていましたね。
                これがアウェイとなるとなかなか簡単に点は取れないだけに3点取れたのは大きかった!
                あと、ヤットと今野くんがスタメンで出ていたけどガンバではなかなか本来の動きが
                出来ていない状態なので心配していたんですよ。
                今日の試合を見た限りでは大丈夫かなと思ったんだけど…

                最終予選初戦を白星で飾ったザックジャパンだけど、次戦は8日にホームでの
                ヨルダン戦です。
                ただ前回の対戦(去年のアジアカップ)では引き分けているからなぁ…
                今日の調子を維持しつつ連勝といきたいですね!

                え?今日は阪神戦のことは書かないのかって??
                さあ?今日は試合あったっけ?<完全に現実逃避
                0

                  恐ろしいジンクスを破れるか?!

                  今季のJリーグも開幕して第3節目を迎えました。
                  関西のJ1の3チームはヴィッセルが開幕2連勝(今日のFC東京戦で今季初黒星)、
                  セレッソも開幕戦のサガン戦は引き分けたものの、前節の大阪ダービーでは
                  ガンバに久しぶりに勝ち、今日のフロンターレ戦も勝って連勝と調子が
                  かなり良さそうです。

                  が!今季のガンバが有り得ない位にどん底状態になってしまっています(--;)
                  ACLでホームで浦項に、アウェイでアデレードにボコボコにされ、始まったリーグ戦でも
                  ヴィッセルとセレッソに連敗、ACLも加えると公式戦4連敗…
                  今季のガンバはセホーン監督&呂比須ヘッドコーチをスタッフに、FC東京から
                  今野くんを迎えての布陣となったんだけど、リーグ戦を見た限り今野くんの良さが
                  あまり生かされていないような気がしました。
                  しかも選手交代も「え?」と思わざるを得ない位意味不明なものが多いし…
                  何よりもセホーン監督の目指すサッカーが何なのか全く読めない!!

                  ただでさえナーバスになっている最中、mixiのガンバコミュやTwitterで
                  恐ろしい書き込みを見かけました…
                  次のガンバは明日ホームでジュビロとの対戦なんだけど、ジュビロの前田遼一くんに
                  関する「伝説」(というよりジンクスといった方が適切か)があるらしいんです。
                  その「伝説」というのが…

                  2007年以来、前田遼一選手がそのシーズンに最初に得点をあげたチームは
                  いずれもJ2降格しているというものですびっくり

                  2007年 第14節ヴァンフォーレ甲府戦  → 17位降格
                  2008年 第19節東京ヴェルディ戦   → 17位降格
                  2009年 第05節ジェフ千葉戦    → 18位降格
                  2010年 第04節京都サンガ戦    → 17位降格
                  2011年 第10節モンテディオ山形戦   →  18位降格

                  うわ〜!!もしこれで明日今季初ゴールなんてことになったら…
                  もう負けても構わないから前田くんにだけは決められないで〜!!!
                  この際負けて監督の責任問題に発展して解任もしくは辞任してくれた方が
                  後のことを考えると問題が大きくならなくて済むかと叫び
                  だから西野さんが辞める際に長谷川健太さんの方がいいって言ったのに!!

                  昔の弱かった時代から応援しているけど、西野さんが10年かけて常時優勝争いできる
                  チームに築き上げたのを一気にぶっ壊す程になるとは思わなかったよ(--;)
                  まあまだ2節しか消化していないし、立て直しの機会はまだ残っているので
                  どうなるか分からないけど…ACLは予選敗退の可能性が高いけど(T_T)
                  何か明日の試合経過を見るのが怖くなってきたなぁ…
                  0

                    太陽王、J1初制覇

                    今季のJリーグも今日が最終節でした。
                    優勝争いもレイソル・グランパス・ガンバの3チームに絞られたものの、
                    レイソルは勝てば残りの2チームの結果に関係なく優勝が決定、
                    ガンバは上位2チームとも引き分け以下で逆転優勝可能という状態で
                    試合が始まりました。
                    でも関西では何故か優勝争いにもJ1残留争いにも全く関係のない
                    ベガルタ×ヴィッセル戦がオンエアされていた…(^^;)
                    なので仕方なくNHKでヴィッセル戦を観ながら上位3チームの経過を確認することに…

                     J1最終節は3日、各地で全9試合が行われ、敵地で浦和に3-1で勝利した柏が
                    念願の初優勝。昨季のJ2王者が、昇格後即J1制覇という史上初の快挙となった。

                     柏は今季23勝3分8敗で勝ち点「72」。開幕ダッシュに成功し、今季は常に
                    上位争いを演じた。シーズン中盤には4位まで順位を落としたが、その後5連勝するなど
                    持ち直しクラブ史上初の優勝を果たした。

                     柏と勝ち点1差で最終節を迎えた名古屋は、新潟を1-0で下し6連勝を飾ったが
                    連覇ならず。西野監督のラストゲームとなったG大阪は、清水に3-1で勝利したが、
                    05年の最終節逆転優勝の再現とはならなかった。
                    (sanspo.comより)


                    途中レイソルが点を入れる度に愕然としたりしていたんだけど、流石に3点目は
                    堪えましたね…しかもレッズのGKのミスによる失点だったらしい(--;)
                    それにしてもホームで優勝を決められるって…レッズに期待した私が馬鹿だったわ!!
                    それでも昨年はJ2で優勝、今季は昇格1年目で初優勝を決めたというのは大したもんですよ!
                    しかも昇格後即J1優勝というのは史上初だそうで…
                    レイソルイレブンの皆さん、優勝おめでとうございます(^^)

                    ガンバもエスパルスに先制されたものの、キッチリ逆転勝ちしたんだけど…
                    ラフィーニャが累積警告で出場停止、代役でスタメン入りかといわれていた
                    川西くんが直前の練習で骨折で離脱、そしてヤットが右膝負傷で出場が微妙だと
                    いう状況だったのでどうなることかと思ったものの、杞憂に終わりました。
                    でも西野監督にとっては最後の采配だったので優勝で有終の美を飾らせたかったなぁ。
                    天皇杯も3回戦で敗退したのでガンバにとってはこの試合が今季最後の試合になりました。
                    来季は監督も変わり、どういったチームになるのかまだ分からないけど、
                    次期監督が呂比須さんになるとか??
                    最初エスパルスの前監督だった長谷川健太さんも候補だと聞いていたんだけど、
                    個人的には健太さんの方がいいのではと思ったりする(^^;)

                    何はともあれ、西野監督10年間の指揮本当にお疲れ様でした!
                    そしてガンバを常勝チームにしてくれて本当にありがとう!!

                    この結果、レイソルは8日から開幕するクラブW杯に開催国代表として出場が決まりました。
                    今年はバルセロナやサントスと対戦することになるんですね。
                    開催国代表として精一杯頑張って下さい!
                    でも天皇杯も勝ち残っているし体力面の維持が大変やで(^^;)
                    2008年のガンバもクラブW杯に出場、あのマンUとの試合を経て天皇杯を勝ち抜いたけど
                    準決勝・決勝は完全に満身創痍だったからなぁ…
                    0

                      ザックジャパン、初黒星…

                      それにしてもホンマに完全アウェーでしたなぁ…

                      先のタジキスタン戦でブラジルW杯アジア最終予選進出を決めたザックジャパン。
                      今日は平壌での北朝鮮戦だったけど、日本代表が平壌で試合をするのは22年ぶりだとか。
                      だけど…まあ見事に北朝鮮サポーターに圧倒されてしまっていましたね。
                      といってもキックオフが16:00、その時間は仕事中だったため帰宅して見始めたのは
                      後半途中からだったんだけど、うちの両親も中継を観ていたんですよ。
                      母親に至ってはロスタイムで北朝鮮の選手が倒れてなかなか立ち上がらず、
                      なかなか担架も出てこない場面で「早よ立たんかいむかっ」とエキサイトしてました(^^;)

                      ニュースやネットの記事を見ていると完全に北朝鮮ペースだったみたいですね。
                      予選敗退が決まっているのに観客は勿論、選手も「絶対勝つんだ!」という気迫が漲っていたし…
                      それだけに後半ロスタイムに入る前の忠成のゴールがオフサイドになってしまったのが
                      痛かったなぁ。
                      そしてザッケローニ監督就任後代表戦初黒星…スタメンが控え中心だったせいもあるけど
                      逆に課題も見つかったのでは?

                      でも昨日平壌入りした時に入国審査で4時間もかかった挙句、バナナやカップラーメンも
                      没収されたり、携帯電話も持ち込み禁止されたり、スタジアムでは君が代も大ブーイングで
                      聞こえないわ、イエローカードイエローカードもバンバン出るわ(レッドカードレッドカードも)で…
                      それでも何事もなく試合が終わっただけでも良しとしますか(^^;)
                      正直言って向こうの選手が判定にブチギレたり、観客がフィールドに物を投げたりしないか
                      心配でした(--;)

                      通常のアウェーでの試合でも厳しいなと思うことは多々あるけど、今回みたいに
                      「ここまでやるか?!」と思うような試合は初めてでした。
                      アジア3次予選は来年2/29のホームでのウズベキスタン戦を残すのみとなったけど、
                      最終予選は更に厳しい試合になるだけに絶対勝っていい形で最終予選に臨みたいですね!
                      0

                        | 1/5PAGES | >>

                        calendar

                        S M T W T F S
                          12345
                        6789101112
                        13141516171819
                        20212223242526
                        2728293031  
                        << October 2019 >>

                        さすらいペット

                        クリック募金

                        ねこ時計

                        My Twitter

                        ブログで植樹しよう!

                        selected entries

                        categories

                        archives

                        recent comment

                        recent trackback

                        recommend

                        links

                        profile

                        search this site.

                        sponsored links

                        others

                        mobile

                        qrcode